忍者ブログ

Area of Heretical*

内容は主に男性声優関連アニラジ感想メインでヲタっぷり放出中。 このBlogはチラ裏なのでご注意を。 (携帯からの更新がメインなので、PCからは記事が見難い場合もあるかと思います)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ソルト

 
滑り込みセーフで見てきました。
以下ネタバレを含みますのでご注意下さい。


アメリカCIA本部。
優秀な分析官イヴリン・ソルトは結婚記念日に、突然現われたロシアの亡命者・オルロフを尋問する事になる。

オルロフが持ち込んだ情報。

特殊スパイ養成機関の元教官だという彼は、アメリカに長年潜伏してきたロシアのスパイが、アメリカ副大統領の葬儀のために訪米中の、ロシア大統領を暗殺すると予告する。
そして、そのスパイの名は「イヴリン・ソルト」だと告げる。

一転して二重スパイ容疑をかけられたソルトは、身の潔白を訴えるが聞いてもらえず、最愛の夫の身を案じてCIA本部から逃走。
しかし自宅に夫の姿はなく、何者かに連れ去られた形跡が残っていた。

CIAの怒涛の追跡を振り切った翌日、ソルトは髪をブロンドから黒髪に染め替え、副大統領の葬儀が行われるバーソロミュー教会に向かい、ロシア大統領の襲撃を成功させる。
その後、あっさりCIAに捕まるソルトだが、移送中のパトカーから脱走を図り、逃走に成功。そのままオルロフ達同志が待つアジトへと向かう。

そこで捕らわれていた夫のマイクが、目の前で射殺されてしまう。
ソルトを試したと言うオルロフ。
彼女の反応に満足したオルロフは、第2の計画を説明する。

次の任務はアメリカの核を手中におさめる事。

計画を聞き終えたソルトは、オルロフを始め同志達を全員殺害し、残りの仲間が待つ小型ジェットに乗り込む。

NATOとホワイトハウスの間を取り持つ連絡将校となった仲間と落ち合い、指令の中身を確認し、ホワイトハウスに向かう。

ソルトに与えられた指令は、ホワイトハウス地下8階の指令室にある核ミサイルのスイッチを確保する事。

ホワイトハウスに到着した大統領の護衛の中にCIAの上司、テッドの姿も。

仲間が銃を乱射し、大統領一行を指令室へ通じるエレベーターに追い込み、自爆する。
その混乱に乗じてソルトもエレベーターシャフトの中を降下して地下8階へと向かう。

指令室についたアメリカ大統領は、ロシア大統領を暗殺された報復攻撃だと考え、核ミサイルでの先制を実行するため、軍部との認証手続きを進める。

そんな中、指令室外の異常に気付いたテッドは、ソルトが接近中である事を告げ、護衛官から武器を奪い乱射して、大統領以外の人物を射殺する。

テッドもまたソルトと同じくXデーを待つスパイだったのだ。


拍手[5回]

PR

処刑人2

 
映画の日と言う事で、友人と処刑人2を見てきました。

処刑人。
1999年鬼才、トロイ・ダフィー監督作品。
未だにカルト的人気を持つこの作品の続編が見られると知ったのは、アバターを見に行った時に告知ポスターを目の当たりにした時だった。
正直、アバターなんかどうでも良くなった。
比べるだけトロイ・ダフィーに失礼だ。
それぐらい、処刑人と言う映画を愛してやまない。

愛すべき兄弟がまた見られるんです。
テンション上がりまくった。

さて、2のストーリーは1の完璧なる続編です。
1作目を見ていない者は完全においてけぼりw
最初から最後まで処刑人ファンの為の内容でした。

あの事件から8年。
マクナマス兄弟と父親ノアは、アイルランド郊外の洋牧場でひっそりと暮らしていた。
そんな彼らの元に、兄弟も良く知るボストンの善良な1人の神父が殺害されたと言う一報が舞い込んできた。
その殺害方法が、かつての2人の手法を模したものだった。
死体の両目にペニー。
これは明らかな挑発だった。
罠だと知りつつも、ボストンへと戻る兄弟。

彼らが離れていた8年の間、ボストンは再びイタリアン・マフィア、ヤカヴェッタ・ファミリーが牛耳っていた。
ボスは、かつて2人が処刑したパパ・ジョーことジョー・ヤカヴェッタの息子、コンセイシオ。
兄弟は道中知り合ったメキシコ人・ロミオと組み、自分たちを模した処刑を行う犯人を追いながら、ヤカヴェッタ・ファミリーを追い詰めて行く。

んー、相変わらず映画オタクな兄ちゃんは映画の手法を真似るのだが、失敗しまくる。しかし結果上手くいってしまうコメディ部分は健在w

途中、キレた弟とプチ喧嘩を披露するのも健在w

今回は前作ロッコの立ち位置にロミオが居る訳だが、やっぱりお馬鹿w

前作で殉職したFBIのスメッカー捜査官の後釜には、彼の部下だったユーニス捜査官が着任。
彼女もまた、スメッカーと同じくボストン市警察の刑事グリーンリー、ダフィー、ドリーと共に兄弟をフォローする立場を取る。

もうファンからしたら最高に楽しめた内容。
相変わらず兄は天然だし、相変わらず弟は兄ちゃん大好きだし、文句なし。

最後に、今作は兄弟と言うか、その父ノアの過去話が主軸だと思うべき。
スメッカーやロッコの登場など、前作ファンが喜ぶシーン盛り沢山です。

とにかくショーン格好良すぎる。

更なる続編?それはファン次第、だそうです。



拍手[1回]

バンテージ・ポイント


大統領暗殺の真相を、8人の目撃者、8つの異なる視点で追ったサスペンス・アクション。
1つの事件を異なる8人の視点から何度も映すことで、少しずつその全容を明らかにしていく。ある視点では解決しなかった疑問が、他の視点から見ることで解決する。その中で観客は“9人目の視点”として作品を観る事になる。


番宣で気になって見たかった作品でしたが、なかなか行けなかった。
ようやく昨夜レイトショーで観てきました。

面白かったです。
一人の視点が終わると、テープを巻き戻す感じで次の人物の視点に切り替わる。
従って同じシーンを何度も見る事になるので、作業的なものが苦手な人には向かないかも。

8人全ての視点を見た後、物語は佳境に進む訳ですが、カーチェイスに噴いたw
なにあのスーパードラテク…トーマス凄すぎる。
シークレットサービスって、超ド級のドラテクも必要なんですね( ´ー`)oO

そして無駄に格好良い米大統領…。
国のトップの理想がここに…。

肝心のトーマスを完全に出し抜けなかった時点で、テロリスト側は負けていた訳か。
TVクルーに仲間を潜ませていたなら、もっと完璧に偽装すべきかと。
カメラに仲間が撮られていたとか、うっかりにも程がある。

結果的にテロリストの凶行に歯止めをかけたのは、少女だったと。

昨今、無駄に長い映画が多い中、約90分という比較的短くまとめたこの作品は、無駄を省いた良作かと。

拍手[0回]

Time waits for no one.←(゚д゚)ハァ?

タイトルのあれには笑わせてもらったw

ようやく見ました。時をかける少女。
しかもDVD買ってまで。

映画は、追加公開を見逃して見逃して、悔しい思いをし続けましたが、ここで漸く成就された。

すげぇー…アニメで泣かされた…orz

前半は、テストで良い点取るとかプリン何回も食べるとか、カラオケ何時間も歌うとか、くだらない事でタイムリープしていた真琴にゲラゲラ笑っていた筈なのに、いつの間にかハートフルな展開になってて引き込まれた。

不意にされた千昭からの告白を無かった事にしてから、何かが少しずつ狂い出す。
人の真剣な気持ちを無かった事にした代償は図り知れないものとなってしまい、真琴は大いに後悔する事になる。

Time waits for no one.だよ、真琴。

この友梨の呟きと、真琴の「うわあぁぁぁぁぁん!」な大泣きの演出は素晴らしかった。

3人の奇妙な友人関係は、本当に楽しそうで心底羨ましい。3人を見てると、男女の間に友情はあるんじゃないかと錯覚してしまう。
…まぁないからああなってしまう訳だが。

功介がかなり好みだったのに千昭にマジ惚れ…何あのイイオトコ…('A`)
真琴がまた馬鹿可愛くて、最後までどうなるかハラハラし通しでした。

評判通りめちゃめちゃ面白かった。
これは展開や見せ方がもう秀逸。
時かけで泣くとは、本当に思わなかった。

細田守は本物だと思う。
こうなったら、次回監督作は無条件で期待してしまうじゃないか。

拍手[0回]

アンフェア the movie。


今日観て来ました。
無論レイトショーです。…安いからね。

実は公開初日に映画を観たのは初めて。
しかしレイトショーだけあって比較的空いていた方かと思います。
いつも行く映画館が、車でしか行けない場所にある為か異様に空いているので、それに比べたら人は多かったかな。

内容ですが、素直に面白かったです。
以下微妙にネタバレを含みます。





SATがあっけなさ過ぎなのと、警察の裏金が80億ってのは少な過ぎる気がするのと、江口洋介が強すぎる以外は良かった。
成宮の演技にはあえて触れませんw

と言うか左隣のオバサンがせんべいを食べていたのと、2つ右隣の姉ちゃんがシナモン臭い物を食べていたのが、もっそい気になった…。
2つ左隣のカップルが事ある毎に「あれ何~?どう言うこと?」とか言ってるのもウザかった。

さて、映画でこそ薫ちゃんの大活躍を期待していたんですが、駄目でしたw
薫ちゃんはやはりヘタレじゃないといけないんだなぁと痛感w
ヘタレてこその薫ちゃんなんだ!

やっとオリジナルキャラの蓮見がお役御免になった訳ですが、続編はない気がする。

拍手[0回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

最新記事

(02/05)
(01/29)
(01/22)

最新コメント

(12/28)
(12/28)
(12/26)

最新トラックバック

つぶやき状況


アクセス解析

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]