忍者ブログ

Area of Heretical*

内容は主に男性声優関連アニラジ感想メインでヲタっぷり放出中。 このBlogはチラ裏なのでご注意を。 (携帯からの更新がメインなので、PCからは記事が見難い場合もあるかと思います)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

処刑人2

 
映画の日と言う事で、友人と処刑人2を見てきました。

処刑人。
1999年鬼才、トロイ・ダフィー監督作品。
未だにカルト的人気を持つこの作品の続編が見られると知ったのは、アバターを見に行った時に告知ポスターを目の当たりにした時だった。
正直、アバターなんかどうでも良くなった。
比べるだけトロイ・ダフィーに失礼だ。
それぐらい、処刑人と言う映画を愛してやまない。

愛すべき兄弟がまた見られるんです。
テンション上がりまくった。

さて、2のストーリーは1の完璧なる続編です。
1作目を見ていない者は完全においてけぼりw
最初から最後まで処刑人ファンの為の内容でした。

あの事件から8年。
マクナマス兄弟と父親ノアは、アイルランド郊外の洋牧場でひっそりと暮らしていた。
そんな彼らの元に、兄弟も良く知るボストンの善良な1人の神父が殺害されたと言う一報が舞い込んできた。
その殺害方法が、かつての2人の手法を模したものだった。
死体の両目にペニー。
これは明らかな挑発だった。
罠だと知りつつも、ボストンへと戻る兄弟。

彼らが離れていた8年の間、ボストンは再びイタリアン・マフィア、ヤカヴェッタ・ファミリーが牛耳っていた。
ボスは、かつて2人が処刑したパパ・ジョーことジョー・ヤカヴェッタの息子、コンセイシオ。
兄弟は道中知り合ったメキシコ人・ロミオと組み、自分たちを模した処刑を行う犯人を追いながら、ヤカヴェッタ・ファミリーを追い詰めて行く。

んー、相変わらず映画オタクな兄ちゃんは映画の手法を真似るのだが、失敗しまくる。しかし結果上手くいってしまうコメディ部分は健在w

途中、キレた弟とプチ喧嘩を披露するのも健在w

今回は前作ロッコの立ち位置にロミオが居る訳だが、やっぱりお馬鹿w

前作で殉職したFBIのスメッカー捜査官の後釜には、彼の部下だったユーニス捜査官が着任。
彼女もまた、スメッカーと同じくボストン市警察の刑事グリーンリー、ダフィー、ドリーと共に兄弟をフォローする立場を取る。

もうファンからしたら最高に楽しめた内容。
相変わらず兄は天然だし、相変わらず弟は兄ちゃん大好きだし、文句なし。

最後に、今作は兄弟と言うか、その父ノアの過去話が主軸だと思うべき。
スメッカーやロッコの登場など、前作ファンが喜ぶシーン盛り沢山です。

とにかくショーン格好良すぎる。

更なる続編?それはファン次第、だそうです。



拍手[1回]

PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

最新記事

(02/05)
(01/29)
(01/22)

最新コメント

(12/28)
(12/28)
(12/26)

最新トラックバック

つぶやき状況


アクセス解析

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]