忍者ブログ

Area of Heretical*

内容は主に男性声優関連アニラジ感想メインでヲタっぷり放出中。 このBlogはチラ裏なのでご注意を。 (携帯からの更新がメインなので、PCからは記事が見難い場合もあるかと思います)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第11章 「神竜リヴァイアサン」

 
ビュウが目を覚ますと…

隣でグンソーが眠って居た。

…なんだこれw

マハールには神竜リヴァイアサンが眠る神殿があるらしく、コンタクトを取りに地底湖に向かう。

モンスターマップ。
スキュラにドラゴンをけしかけて倒す。

地底湖の神殿の扉は堅く閉ざされ、ドラグナーな力を持つ者以外には開けられない。
導かれたヨヨは、リヴァイアサンの声を聞く。

我らの悲しみ、怒り、我らの傷を癒やす者。
我らの呼び声に耳をすませ。

ヨヨは神竜たちの怒り、悲しみを感じ取り、新たな召喚「リヴァイアサン」を得た。


第12章「スパイ大作戦」

サウザーの独白。
神竜の心を知ると言う事は、私が私でなくなる事。
もし私が変わり果てた時にはパルパレオス、お前が帝国を…。

神竜を守護するもの会話。
我らが選ぶのはあの人間か?
時代の扉をたくすにふさわしい人間。
やすらぎを導く者。
彼らはサウザーを選び、コンタクトを取る。

サウザーは問う。
なぜ自分を選んだのかと。
守護するものは答える。
お前は知っている。
覇王と呼ばれる事の虚しさを。
戦う事の痛みを。
新たなる時代の扉は心弱き者には開けぬ。
そしてサウザーは神竜の心を知り、その重圧に意識を失う。

帝国の情報を知ろうと言う事になり、マテライトが連れて来た「優秀な死んでもいい」人物は、ドンファン、船内クルー、センダック。
最低だなマテライトw
ってな事で、この危険な任務は「マテライト、お前が行け!!」を選択しておく。
これで「おうじょの???」も入手出来るしな。

しかしマテライトはタイチョーにスパイを押し付けた上、おかえりもありがとうもないw
これぞマテライトクオリティw

帝国は混乱していた。
病に倒れるサウザーを喜ぶグドルフ派。

サウザーが神竜の心を知ったなら、奴が回復するより先に神竜を見つけねばならなくなった。

そこへ帝国の秘密兵器が襲ってきた。
ムニムニがつけられた模様。
敵の要塞に乗り込み、ボスのペルソナをさくっと倒す。

その夜、テラスで語らうビュウとヨヨ。
相変わらず過去に戻りたがるヨヨ。
タイチョーが割り込み、パルパレオスから伝言があると、語り出す。
パルパレオスからの伝言。
「私はおまえの事を忘れる」
部屋を飛び出すヨヨ。

本気で男(パル)が好きなら、祖国なんか捨てて帝国行けばいいのに…なんてな。


拍手[1回]

PR

第7章 「神竜の伝説」

 
キャンベル戦前に、ブリッジでアナスタシアに連れられたエカテリーナと遭遇。
ホーネットの好きな物を訊いてきてくれと頼まれる。
いいねいいねー、ときめいてるね。
そんなアナスタシアはバルクレイといい感じ。

一通り仲間と会話をして、キャンベル解放戦に向かう。

ボスは、もう既にお馴染のゾンベルト。
一応8将軍の一人で、帝国きっての肉体派。肩書きはキャンベル守備隊指揮官。成り上がりのサウザーを快く思っていない、グドルフ派の人物。

このマップの自動砲台とカタパルトのコンビはヤバイ…。
後地味に敵のランサー技が響く。

キャンベルを解放し、女王に会いに行く。
女王はサウザーに抵抗の意思がない事を示すため、自ら地下牢に入っていた。
会話するとめっちゃ罵られる。

抵抗さえしなければ帝国は何もしなかった、帝国兵を追い払ったお陰でまた襲ってくるかも知れない。
あなたたちは守ってくれるの?
無理でしょう?ならば早く出て行って頂戴。

……女王……(´・ω・`)

本当の平和とは言わないが、抵抗さえしなければ私達は自由。

すんげー事無かれ主義だな。

とりあえず女王の説得は身内のヨヨに任せて、ビュウは街を散策。
宿屋でゾラの息子を発見。
カーナ戦竜隊に憧れてキャンベルにも作ろうとするが、
その内訳は彼とドラゴン1匹。
ゾラのお願いでもあるので、彼らを仲間にする事に。

キャンベルを出ようとするとヨヨ登場。
女王から神竜の伝説の話はきけなかった模様。が、街を出ようとすると、女王登場。やっぱり知ってるから、話すとか言い出す。

神竜の心を知る者 新たなる時代の扉を開く
心弱き者 天空より災いを招く

これがカーナに伝わる神竜の伝説。

サウザーは神竜の伝説を知り、世界を統一してもそれが全てではない事を知る。だからカーナ王家の者の力を使い、神竜の心を知ろうとした。ではなぜサウザーはヨヨを手放したのか。

ここでもヨヨの心の弱さ全開です。

その後、女王付きのプリーストとウィザード、ジョイとネルボが仲間になる。

女王の独白。
サウザーに神竜伝説を教えたのは女王自身だった。自国を守る為に。
カーナ滅亡も、カーナ王の死も、ヨヨの苦しみも、全て自分が招いたものなのだと、女王は言う。

この先もうキャンベルには来る事はないので、アイテムチェックはしっかりと。

次の行き先は水の都マハール。



拍手[1回]

第5章 「皇帝サウザー」

 
サウザーの後を追い、北の森へ向かう一行。
するとセンダックが、この森には神竜の気配がすると言い出す。

ビッケバッケが何かキノコ拾ったらしい。
ドラゴン育成にこのイベントは欠かせない。

ここでも戦闘開始前にドラゴン育成。
一通り形態変化したんですが、姿が気に入らないアイスドラゴンを重点的に育成し、何とか無事ホワイトウォリアに変化し、可愛さが戻ってきた。

今回の敵は、人間ではなく、主にモンスターである。
植物シンボルには火属性が良く通る。
毒沼は回復技で沼に変わります。

とにかく蹴散らし、更に奥へ進むと神竜とヨヨ、サウザーにパルパレオスを発見。マテライトが先走るも歯が立たない。

神竜と話せと要求されるが、ヨヨは頑に拒否。
諦めたサウザーは、ヨヨを亡き者としようとするが、パルパレオスが助ける。

[ 画 像 ]

サウザーとのイベントバトル発生。
…これ、絶対勝てないでしょ。
30ターンも粘った勇者がいるらしいが、私なんか4ターン目に全滅。
あの技をどうやって回避しろと…。

[ 画 像 ]

全滅するとヨヨが割って入る。
神竜の力の前に倒れるサウザーを守り、パルパレオスは撤退する。

[ 画 像 ]

去り際に、幾度となくヨヨからビュウの話を聞かされた、と言うパル。
カコイイよパル…。

ヨヨは意識を失い、夢を見る。
パルパレオスと過ごした日々の夢を。
しかし、それは神竜ヴァリトラが見せた夢だった。
ヴァリトラは言う。
我ら神竜の心を集めろ。さすればふさわしい者ならば力を与える、と。
力を与えられた者はドラグナーとなり、世界を手に入れるらしい。
サウザーはこの力を望んだ。
しかしヨヨはそれを望まない。
彼女が望んだものは、あの夢の続き…。

拍手[0回]

第2章「おれたちの夢見た伝説」

 
深夜、ヨヨが捕われている部屋にやって来るパルパレオス。
ドラグナーであるヨヨの力が、どうしても欲しいサウザー。
パルパレオスとサウザーの夢みた伝説の為に。

その頃のカーナ旗艦。

[ 画 像 ]

マテライトによるダルい演説を早回しで拝聴。
遊び心満載だなw

[ 画 像 ]

メロディアは犯罪臭いから勘弁なw

それにしても、女性陣がみんなビュウに好意的なのは何故なんだろう。
やはり報われない想いを抱いているが故の、同情なのか!?

…そんな目で俺を見るなぁぁぁッ。

窓からドラゴンおやじ登場。
ドラゴン育成のレクチャー。
ついでにドラゴンを1匹貰う。

センダックに話しかけると、艦長室で二人きりで話があると言われる。
このじじい、明らかにビュウに対して

うほっ。

[ 画 像 ]

いかがわしい発言をしないでくれ、ゾラw

ヨヨが捕われていると言うキャンベルに近い森へ向かう。

ボスを倒すと、そのまま更に森を抜けて、連戦…の前にドラゴン育成。

[ 画 像 ]

サラマンダーは順調。


第3章「あおい大陸キャンベル」

森を抜けてグランベロス砦に出ると、


きりたい!きりたい!
ダイコンがきりたい!



と叫ぶ、怪しいボスが登場。
…バハラグの初期の雑魚ボスって、本当に愉快だ。

ダイコンを切り出す前に倒し、砦に向かう。

拍手[0回]

第1章 「始動」

 
センダックの手紙で始まる。
グランべロス帝国による統治に対し、旧カーナ騎士団の生き残りによる反乱軍が結成される。
反乱軍は、戦いの際に逃げ出したサラマンダー以外のドラゴンを探しに行ったビュウを呼び戻す。

[ 画 像 ]

ルキア姉さんは美人で好きだ。
逃げ出したドラゴンを無事見つけ出したビュウ達は、新たなドラゴンをも連れて帰還。

[ 画 像 ]

ヨヨ救出作戦が展開される。
正直、ヨヨいなくて良いy(ry

出撃の前に、ヨヨとの思い出を振り返るビュウ。

[ 画 像 ]

………。
二人が向かったのは、とある教会。

[ 画 像 ]

この教会に二人で訪れた男女は、結ばれると言う伝説があるらしい。
入ってみようかと言うヨヨ、肯定すると、

「嘘。まだ早いよね」

とか言い出す。じゃあ誘うなよ!

「もし大人になって、まだヨヨの気持ちが変わらなかったら…」

[ 画 像 ]

('A`)エ゙ェェェ…。

こんな思い出のシーンいらねーw

さて、ドラゴンに餌も与えたので、いよいよ出撃。
まずは奪われたカーナ戦艦を取り戻す為、敵地に向かう。

拍手[0回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

最新記事

(02/05)
(01/29)
(01/22)

最新コメント

(12/28)
(12/28)
(12/26)

最新トラックバック

つぶやき状況


アクセス解析

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]