忍者ブログ

Area of Heretical*

内容は主に男性声優関連アニラジ感想メインでヲタっぷり放出中。 このBlogはチラ裏なのでご注意を。 (携帯からの更新がメインなので、PCからは記事が見難い場合もあるかと思います)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第11章 「神竜リヴァイアサン」

 
ビュウが目を覚ますと…

隣でグンソーが眠って居た。

…なんだこれw

マハールには神竜リヴァイアサンが眠る神殿があるらしく、コンタクトを取りに地底湖に向かう。

モンスターマップ。
スキュラにドラゴンをけしかけて倒す。

地底湖の神殿の扉は堅く閉ざされ、ドラグナーな力を持つ者以外には開けられない。
導かれたヨヨは、リヴァイアサンの声を聞く。

我らの悲しみ、怒り、我らの傷を癒やす者。
我らの呼び声に耳をすませ。

ヨヨは神竜たちの怒り、悲しみを感じ取り、新たな召喚「リヴァイアサン」を得た。


第12章「スパイ大作戦」

サウザーの独白。
神竜の心を知ると言う事は、私が私でなくなる事。
もし私が変わり果てた時にはパルパレオス、お前が帝国を…。

神竜を守護するもの会話。
我らが選ぶのはあの人間か?
時代の扉をたくすにふさわしい人間。
やすらぎを導く者。
彼らはサウザーを選び、コンタクトを取る。

サウザーは問う。
なぜ自分を選んだのかと。
守護するものは答える。
お前は知っている。
覇王と呼ばれる事の虚しさを。
戦う事の痛みを。
新たなる時代の扉は心弱き者には開けぬ。
そしてサウザーは神竜の心を知り、その重圧に意識を失う。

帝国の情報を知ろうと言う事になり、マテライトが連れて来た「優秀な死んでもいい」人物は、ドンファン、船内クルー、センダック。
最低だなマテライトw
ってな事で、この危険な任務は「マテライト、お前が行け!!」を選択しておく。
これで「おうじょの???」も入手出来るしな。

しかしマテライトはタイチョーにスパイを押し付けた上、おかえりもありがとうもないw
これぞマテライトクオリティw

帝国は混乱していた。
病に倒れるサウザーを喜ぶグドルフ派。

サウザーが神竜の心を知ったなら、奴が回復するより先に神竜を見つけねばならなくなった。

そこへ帝国の秘密兵器が襲ってきた。
ムニムニがつけられた模様。
敵の要塞に乗り込み、ボスのペルソナをさくっと倒す。

その夜、テラスで語らうビュウとヨヨ。
相変わらず過去に戻りたがるヨヨ。
タイチョーが割り込み、パルパレオスから伝言があると、語り出す。
パルパレオスからの伝言。
「私はおまえの事を忘れる」
部屋を飛び出すヨヨ。

本気で男(パル)が好きなら、祖国なんか捨てて帝国行けばいいのに…なんてな。


拍手[1回]

 
第13章「魔法都市ゴドランド」

魔法文化が進んだラグーンである。
メロディアの母国。
プチデビの仲間も増えます。

このマップのボスはラディア。
グドルフ派の紅一点。
HPが高い程、与ダメが多くなるナイトメア99はキャラ以上にドラゴンにとっては脅威。
初期配置の敵は少ないものの、培養から得られるアイテム回収がしんどいマップ。
ターン数が増えると勝手に開くし。
間違って敵が入ってる培養を破壊した時は('A`)ってなる。


第14章「鳥の竜めざめる時…」

マテライトは不思議に思う。
何故ゴドランドもキャンベルも帝国と戦わないのか、と。

魔法都市ゴドランド。それは昔の話。
ウィザードやプリーストは帝国との戦いで死んでしまった。
それ以来、ゴドランドは戦いをやめた。

メロディアのじいちゃんに話かけてしまうとストーリーが進んでしまい、街中のアイテムが取れなくなってしまうので、せかせか取りまくる。

ここではプチデビが2匹仲間になり、プチデビPTが出来る土台は整った。
後は子ドラゴンが産まれるのを待つだけだ。

更に序章で共に戦ったミスト姉さんが仲間になります。
ちょいと見落としがちですが。

カーナが陥落したあの日、倒れていたミストを助けたのはパルパレオスだったそうな。
まぁパルは基本的にいい奴だからなぁ。

メロディアの、ファンキーなじいちゃんから、ゴドランドに伝わる神竜ガルーダの話を聞き、コンタクトを取りに行く事に。

ここの敵はモンスターのみ。
ボスもあまり強くはないが、毒攻撃が厄介なのでドラゴンをけしかけてHPを削る。
左上の宝箱がある小部屋は、ウィザード入れたライトアーマー部隊を派遣すれば、持ち前の機動力でサクサク宝箱を回収できる。
トラップが1個混じっているが、怖くはない。

ガルーダとコンタクトを取ったヨヨは、怒れるガルーダの気迫に、意識を失ってしまう。

ガルーダは何をそんなに怒り、悲しんでいるのか、ヨヨには解らなかった。



PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

最新記事

(02/05)
(01/29)
(01/22)

最新コメント

(12/28)
(12/28)
(12/26)

最新トラックバック

つぶやき状況


アクセス解析

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]