忍者ブログ

Area of Heretical*

内容は主に男性声優関連アニラジ感想メインでヲタっぷり放出中。 このBlogはチラ裏なのでご注意を。 (携帯からの更新がメインなので、PCからは記事が見難い場合もあるかと思います)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彩雲国物語 黎明に琥珀はきらめく

 
彩雲国物語の新刊。
久々に本屋で買ったわ…。






以下ネタバレ。


表紙の絳攸が美しすぎて噴いた。
一瞬、静蘭かと思ったのは内緒w
それにしてもなぜ、表紙の黎深の服が紫なのかと。紫は王家の色なんじゃ…。


藍州から帰還した秀麗たちの元に届いた、絳攸の投獄の報せ。
その前にちょっと待て!
楊修美しすぎるだろ!

なにこの眼鏡。

こんな奴が目立たない訳がない…モロ好みじゃないか…orz
いい加減、美形はお腹イパーイなんだが、これはクリーンヒットだ。良い仕事するなー由羅カイリ。


さて、藍州より帰還した楸瑛は、藍家から勘当されたので後ろ盾もなく、将軍職も辞した事から、今はただのプー太郎。
とりあえず何か登城できる仕事をくれと、孫尚書に談判に行く。
貰えた仕事は武官の下っ端も下っ端、静蘭の部下だったw

さて、投獄された絳攸に、劉輝と楸瑛が面会した辺りから物語は動き出す。
前回、九彩虹で瑠花と会った際に術をかけられた劉輝。絳攸に会う事で発動してしまい、絳攸は昏睡状 態に陥る。

一方、御史台は絳攸の件の捜査に清雅をあてる。しかし秀麗は、更迭させたがっている清雅一人に任せていては、厳しい捜査になるだろうから、公平な進展は望めないと異を唱える。
清雅は更迭のために捜査する検察側に、自分は絳攸の留任のために捜査する弁護側に回る事を皇毅に提案し、受 理される秀麗。
そしてタンタンが退いた事により、空いていた秀麗の裏行に燕青が就く事に。
御史大獄まで一月もないが、とにかく動く秀麗と燕青。

そして遂に秀麗は、吏部尚書が自らの叔父であり、絳攸が義従兄弟であると知る。

やっとかよw

ここまで長かったな…。
しかし吏部尚書に事情を聞こうと走り回る秀麗を、悉く避けまくる黎深w
バレたんだから素直に捕まれとw
挙げ句に木の上に登っちゃったりして楊修にセミと形容されるが、なんて美しいセミw

いくら調査しても、特にここ半年の吏部の状況が酷い。
尚書は全く仕事をせず、侍郎はそんな尚書の仕事も兼ねてしまっていた越権行為。
庇いきれない現状に、秀麗も絳攸を罷免する時は自分が、と腹を決めた。

そんな秀麗の様子を見ていた楊修から、清雅の目的は別にあるとヒントを貰う。


拍手[1回]

 
秀麗と、百合姫の琵琶のお陰で目覚めた絳攸が駆け回り、御史大獄の前日に侍郎による尚書の糾弾という形で、吏部尚書・紅黎深の解任が受理された。

侍郎の本来の役目は、仕事をしない尚書の糾弾も含まれていた。それを放棄した絳攸は、侍郎に相応しくない。それがそもそも楊修が愛弟子である絳攸を見限った部分だった。

お陰で絳攸は降格処分だが、免官は免れ何とか首の皮一枚でつながり、楸瑛共々1からのスタートとなった。


今回また色々とフラグ立ってますね。
藍家の官吏が排され、続いて紅家の黎深が解任された事により、紅家の官吏も排され、更には碧家と黄家にも撤収の命令が出された模様。

しかし見所は鳳珠の涙かと…。
かつて共に悠舜の力になろうと誓った黎深が、息子が投獄されても会いにも行かず、悠舜の手を煩わせてばかり。
自分は黄家からの撤収の命令に従わず、朝廷に残り悠舜の助けを全うする事を決めただけに、悔しくて悲しかったんでしょうな…。
それにしても美しいな鳳珠…(*´ー`)
お顔がちょっぴり垣間見えましたな。

そして王家と碧家の間に波風立ってます。歌梨に死亡フラグ。お陰で珀明と欧陽侍郎も朝廷を去りそう。碧家、かなり怒っております。
欧陽侍郎曰わく、珀明次第らしい。

あと少しで彩雲国物語終わりそうです。
4巻くらいと予想…。

劉輝以外に王になれる者は、蒼玄王の妹、蒼遥姫の血筋である縹家の者。
こりゃいよいよ劉輝は嫁を娶らんとならなくなってきた。
蒼玄王の血筋は劉輝と静蘭だけな訳だが、静蘭は死んだ事になってるし。
だから十三姫と結婚しろ劉輝。

秀麗が劉輝の気持ちを受け入れないのは、やはり自分は子供が産めないかららしい。
奇跡が起きて、母のように子供を授かる事が出来るかも知れないが、劉輝は奇跡を待てる身分ではない。
秀麗とて、九分九厘結婚する気はないが、一分くらいはある。
父のように、死ぬまで二人きりでいいと言ってくれる人。

…燕青の事ですね、わかります。(ぇ

切ないな秀麗…。それを聞いて静蘭はどう思ったのか。

この先の展開は、結果秀麗と燕青が皇毅を糾弾する方向になると予想。

黎深も紅州に戻って何かする気なようですし、悠舜にはここに来て怪しい雰囲気が漂ってます。まさか旺季と組んでるんじゃないだろうな…。

どうやって彩七家を抑えるのか、見もの。


PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

最新記事

(02/05)
(01/29)
(01/22)

最新コメント

(12/28)
(12/28)
(12/26)

最新トラックバック

つぶやき状況


アクセス解析

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]