忍者ブログ

Area of Heretical*

内容は主に男性声優関連アニラジ感想メインでヲタっぷり放出中。 このBlogはチラ裏なのでご注意を。 (携帯からの更新がメインなので、PCからは記事が見難い場合もあるかと思います)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

くじけそうだ。

 
とりあえずストーリーが気になるので、ミッションはほどほどで置いといて、先に進む事にする。…敵が強すぎと言う理由もありますが。
グラン=パルス半端ねぇぞ…。
強敵しか居ない罠。

大平原をひたすら進む。
ベヒーモスと犬が戦っていたが、触らぬ神になんとやら、横をコソコソ抜けて先へ進む。

するとヴァニラとファングのイベント。
何故グラン=パルスがこんな風になってしまったのか。

「それは私のせいなんだろ?」

ファングはヴァニラに問いかける。
ラグナロクは全てを滅ぼす力。

「私がラグナロクになって、こんな風にしたんだな」

それは違うと否定するヴァニラ。
彼女から召喚獣ヘカトンケイル出現。

「心が揺れたな、やっぱりそうなんだ」

記憶が蘇ったと嘘をつき、ヴァニラにカマをかけたファング。

この召喚獣バトルもギリギリでした。
リベンジモードと攻撃モードがはっきり分かれていたので、ホープの時ほどの焦りはなかったかな。
これで全員召喚獣ゲット。

「全部自分のせいにして、背負い込むな」

ファングの言葉にただただ泣くヴァニラ。
この2人、今更ですが百合くさいっすな。

更に先に進むと炭坑に出ます。
ひたすら道を切り拓いているファルシに乗って、更に先に進む。
ここから更に敵が強くなってきました。
色々と挫けそうだ…orz

炭坑を抜けると湖に出ます。
スノウとヴァニラのイベント。
ようやく9日目が見れました。

ヴァニラとセラは面識があり、ヴァニラは自分が使命を恐れ逃げていたせいで、身代わりにセラがルシにされた事に責任を感じていた。
ずっとセラに謝りたくて、でも勇気がなくて…そんな苦悩するヴァニラに共感したセラは、彼女を励ます。
反射的に謝るヴァニラ。

私に謝ったって仕方ないでしょ。

笑うセラ。
彼女は確かに絶望していたのだろう。
しかしスノウが追いかけてきてくれたお陰で、大切な人を残して1人で立ち向かうのは、違うのだと気付けたセラ。

たとえ自分がどうなろうと、セラが愛する世界を傷つけはしないとヴァニラは誓った。

これで大体のキャラクタ達の関係は繋がったかな、と言う感じです。
強敵にめげずこの物語の終点を見届けよう。
あー…テージンタワーで若干心が折れそうだがな…。


拍手[0回]

 
テージンタワーを登りつめて、ファルシと戦闘。
そんなに苦戦しませんでしたが、時間かかった気がします。

ヴァニラやファングの記憶では緑豊かだったヲルバ郷だが、今や見る陰もなく荒廃していた。
真実の姿をその目に焼きつけ、更に一行は進む。
ついにヲルバ郷へ。

ヴァニラの友達バクティの修理イベントをこなし、郷に果てに辿り着く。
ここのBGMが凄い良い。
泣きそうになった。

突如、一行の前にセラが現れる。
セラはコクーンを滅ぼしてくれと言う。
スノウはセラの姿をしたソレを突き放す。

コクーンの破壊を望み、ライトニングの本名を口にしたソレは、バルトアンデルスだった。

彼は心からコクーンの破壊を望んでおり、その意志がないライトニング達に言う。
シドを新代表に据えた。今や奴はファルシの命を聞くだけの、ただの人形。
元々、反聖府を掲げていた騎兵隊の首領が、聖府の代表となった。
真実を知らない騎兵隊の面々は怒りに任せてファルシ=エデンに攻め込むだろう。
コクーンを人間同士の手によって破壊させる事を企むバルトアンデルス。

一度はクリスタルになったシドを、そんな事の為に蘇らせたのかと憤るスノウ。

2度目の戦いです。
ちょいギリギリだったかも。

コクーンへ戻る足を置いて、消えるバルトアンデルス。
とにかくやるしかない。
前だけ見て進み、コクーンを守ってみせるとライトニング一行。

再びコクーンの地を踏むと、新代表シドの演説が行われていた。
湧き上がる民衆。
そこに乱入するライトニング達。
同時に下界の魔物が続々と転送されてくる。
首都エデンはパニックに陥る。
民衆は下界の魔物とルシの恐怖に怯えている。
何故ファルシは何もしてくれないのかと、悲痛な叫び。

そしてロッシュが操るプラウド・クラッドとバトル。
ヤバい、マジヤバいぞ…死ぬかと思った。

更に先に進み、アダマンケリスとバトル。
…5回リスタート食らった…これは酷い強さだ。
何とか倒して更に前進。
するとファルシによって、人間達が次々とシ骸にされて行くイベント挿入。
使命すら与えられず、ただシ骸にさせられる人々を見て、更に憤る一行。

プラウド・クラッドと再戦。
半端なく強い。ロッシュ強すぎる。

聖府のやり方は傲慢だと思いつつも、従うしかなかったロッシュ。
彼はただ、民を守りたかっただけなのだ。
最後までいい男でした。

そして遂にコクーンの中枢へ。



PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログ内検索

最新記事

(02/05)
(01/29)
(01/22)

最新コメント

(12/28)
(12/28)
(12/26)

最新トラックバック

つぶやき状況


アクセス解析

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]