忍者ブログ

Area of Heretical*

内容は主に男性声優関連アニラジ感想メインでヲタっぷり放出中。 このBlogはチラ裏なのでご注意を。 (携帯からの更新がメインなので、PCからは記事が見難い場合もあるかと思います)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DGS 第245話

 
「ワールドワイドヒロC~!上海みやげもろたよ!」

神谷:12月上旬に上海の方にお呼ばれしまして。イベントやってきました~。


・OPトーク。
キャラホビの義捐金額は895.256円になりました、と。

神谷:皆さん本当に有り難うございました。
小野:有り難うございました。
神谷:どうなんですかね、皆さんTシャツ着て下さってるんですかね。因みに弊社竹内はですね、今日も着てましたね。
小野:ハハハハ!ヘビロテ中ですね完全に。
神谷:最初は「着てますよ」ってアピールしてたのに、もう最近はアピールもしないっすからね。当たり前のように着てるんで。
諏訪:ハハハハ!
小野:あ、そうだ八木橋くん!
神谷:おお。
小野:八木橋くんがですね、こむちゃに行った時にですね…Tシャツ着てたんです、僕の。
神谷:オノDマーキュリーTシャツ?
小野:オノDマーキュリーTシャツは普通に着ると絶対にアウトなんです。
諏訪:ハハハハ!
小野:絶対にアウトなんですけど、八木橋くんは巧みなカスタマイズにより、それをアウトどころかホームランにしてたんです。
神谷:ほんとに?
小野:…ヒットにしてたんです。
諏訪:ハハハハ。

訳わかんなくなってきた八木橋くんのオシャレ度w

神谷:何だろう…オシャレをこじらせてる、って言う…
神谷・小野・諏訪:ハハハハ!
小野:軽い疾病っすか。

番組を上げて八木橋プロデュースのページを作る、と神谷w

神谷:どうですかたむたむ、OK。
小野:OK出ちゃった(笑)

たむたむ即答w


・ふつすと。
上海イベントについて。

神谷:中国でもDearGirlは凄く人気と言うか、皆さん知ってるんですよ。お手紙頂いて、「次は是非小野さんと一緒に来て下さい」と。

DGS、中国公録フラグw


・シルフ談話室。
左近堂絵里先生からのお便り。

小野:「ハー!ハ、ハー!ハー!ハー、ハーッ!テコンドー!…12月も既に半ばです」(笑)
神谷・諏訪:アハハハハ!
神谷:「12月も既に半ばですが、作家は年末進行と言う魔物に追われて原稿を描いています」
小野・諏訪:ハハハハ!

5年やって来てまさかの小野くん続行不能にw

神谷:はい、使います。
小野:ハハハハ!

悪魔声優降臨w

・家の中で出来るリフレッシュ方法を教えて下さい、との事で。

拍手[6回]

 
神谷:家で出来るリフレッシュと言えば、やっぱり食事しかないんですよー。
小野:お。
神谷:それもこの時期ですから、鍋じゃないっすかねー。
小野:ちょっと待って下さいよ~。1人立ちしゃぶしゃぶとかやめて下さいね、あれ悲しいから!
神谷:全然俺悲しくないんすけどね。


・と言う事で、年末恒例の鍋で2011年を振り返りましょう。

神谷:DVD出たのも今年でしょ?
小野:ほんとだ、CDにDVDが付いてるやつだ。
神谷:ああそうそう、DVDじゃねーやCDね(笑)

やっぱりおかしいもんその仕様w


・今年はカラオケもやりましたね。

小野:カラオケ面白かったわ~ほんとに。
神谷:なんかリスナーさん的にも好評だったそうで。
小野:そうなんですか?あの好き放題歌ってるやつが(笑)
神谷:今年の特徴なのか、わりとその場の行き当たりばったりで、じゃあやろうかみたいな。
小野:そうでしたねー。
神谷:カラオケ回とかだって、
小野:急だった。
神谷:急だったもん。
小野:あれきっかけで柴田恭兵さんのCD買いましたもん。
諏訪:ハハハハ。
小野:アルバム。買ったもん。
神谷:1回だけのOPね。

神谷:まぁ自分で言うのもなんですけど、この番組持ってますから。
小野:持ってる。モテないけど持ってる。
諏訪:(笑)
神谷:モテないけど持ってんすよ。
諏訪:運ね。


・仕事について。

神谷:仕事があるって事が有り難い。小野くんだってそうでしょ?
小野:そりゃそうですよー。月1本から始まりですよ、番レギやり。
神谷:週一になり、とかさ。
小野:そうそうそう。バイトを止めた時の感動と言ったらなかったですよ。
神谷:あーなるほど。

リアルな話、いいね。


・チキン先生について。

小野:急にお尻を触られたよ。
神谷:あれね、思いもよらない行動なんだから。
小野:暴走してる(笑)
神谷:何なんだろうあの人ね。

どっちかがちゃんとしてないと、どっちかがちゃんとする良い例w

2011年のDGS=夢見がちな年w

・Dear Voice。
神谷のターン、「やっぱりひとりよりふたりで食べたほうがおいしいね」

小野:このトーンではなかった。
神谷:このトーンでした。


・EDトーク。
シルフ談話室について。

神谷:先生から来たお便りが笑って読めなくなると言う(笑)
小野:馬鹿馬鹿しすぎて。

諏訪はいい加減謝った方がいいw


PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

最新記事

(02/05)
(01/29)
(01/22)

最新コメント

(12/28)
(12/28)
(12/26)

最新トラックバック

つぶやき状況


アクセス解析

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]