忍者ブログ

Area of Heretical*

内容は主に男性声優関連アニラジ感想メインでヲタっぷり放出中。 このBlogはチラ裏なのでご注意を。 (携帯からの更新がメインなので、PCからは記事が見難い場合もあるかと思います)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マクロスF #06 バイバイ・シェリル

 
前回の最後、ランカにスカウトがかかった訳ですが。
スカウトマンはオズマに「妹さんを下さい」的に詰め寄る。
ランカの歌は愛を伝える事が出来ると力説。
果たしてオズマを落とす事が出来るのか。

一方シェリルはラストライヴのリハーサルに余念がない。そんな中、グレイスの携帯が鳴る。何やら不穏な連絡らしく、固まるグレイス。

その頃アルトはシェリルの失くしたイヤリングを見つけていた。
前回シェリルとチューかましたシーンをミハエルに見られていたので、学校でそれをつつかれる。
ついでに勘の良いミハエルは、ランカとの関係にも言及。

アルトは優柔不断な空気がバシバシするw

そこへナナセがランカの状況を伝えに来る。
ランカのデビューが決まった。
オズマは何とか葛藤に打ち勝ち、ランカの夢を後押しする決断をした様だw
オwズwマw
そして早々に結成されるランカ・リーファンクラブ。


その頃シェリルは、ヴァジュラの襲撃を受けたギャラクシーの惨状を知り、言葉を失う。


ランカ、アルトにカマをかけるの巻。


あの日アルトは一人でゼントラ・モールに居たと嘘をついた。ショックを受けるランカ。
そうとも知らず天然モテ男アルトは、ランカにシェリルのライブチケットを渡す。
その様子を見ていたミハエルは「馬鹿め」と呟く。

そうだもっと言ってやれミハエル。

そんな中、大統領による緊急演説が。
ついに公的にヴァジュラの存在を開示し、フロンティアに非常事態宣言を発令。
SMSにも特例B項が適用される。

拍手[0回]

 
特例B項とは。
SMSが主契約を結ぶ政府が、戦争、もしくはそれに準ずる状態になった場合、命令拒否権及び終了までの脱退の自由を喪失する、というもの。

シェリルの会見。
マスコミの対応はどこか日和見。
こんな事態なのでライブは中止しては?という意見まで出る始末。
キレるシェリル。ライブは中止せず、そして故郷であるギャラクシーに帰ると宣言。

そしてキャサリンが人事異動でSMSに。レオン杉田の指示だ、何か裏がありそう。
と言うかオズマとの復縁フラグじゃね?

アルトはシェリルに会いに行く。イヤリングを届けると言う名目で。
イヤリングは顔も知らない母親の形見だった模様。それを「幸運のお守りだから」とアルトに預けるシェリル。
そして語る自身の過去。必ず返しに来いと釘をさす。

デフォールドしてきたギャラクシーにはヴァジュラの大群がくっついていた。SMS全小隊に出撃の命令が下る。

シェリルのライブが始まる。
会場に急ぐランカ。その道中、次々に出撃する機体に思わず目が行く。

歌はダイアモンド クレバス。

…本日CDが発売だったからですね、わかります。

いいわー…このマッチング凄いわ…。
シェリルの歌をバックに開始される戦闘。
誰ひとり死なせないと宣言するオズマ。
…ミハエルには死亡フラグ立ってる気がするので余計せつない。
ミハエルにはゼントラーディの血で何とか踏ん張って欲しいものです。

次回よりいよいよ本格的に戦闘開始か。
アルトはいきなり命の選択を突きつけられるらしい。

次回「ファースト・アタック」。


PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

ランカ放置のシェリル×アルトフラグ発生か!? マクロスF第6話『バイバイ・シェリル』

 今話は、三角関係がより強まるどころか早くもカップルが成立しそうな感じのマクロスFストーリー展開です。  前話のストリートコンサート??...

マクロスフロンティア #6「バイバイ・シェリル」

シェリルのライブとアルト初陣をうまく重ねて描かれていました。 これから、戦闘もメインになってきそうですね。

マクロスFRONTIER #6

しかし、なんつーか80年代のプロデューサーみたいな格好で怪しさ満点なんですが(笑) そんなスカウトに妹を預けて大丈夫なんですかね、オズマさん? まぁ、ランカに何かあったらただじゃ済まないのは顔を見れば分かりますがねw

マクロスFRONTIER 第6話 『バイバイ・シェリル』

みゆき「この絵、どこかで見た事ありますね」 こなた「いやだわ、みwikiさんったら。先週のタイトルバックと同じ絵じゃありませ...

スカウトされるランカ、、、その幸運の為に生きて、、、アルトは空を探している、、、さよならシェリル。

 スペースフォールド・・・それは万能ではなかった。フォールド断層の存在の中での人類の限界だった。妹さんを私にください、、、【エルモ・クリダニク】が【オズマ】に頭を下げていた。彼は「ベクタープロモーション」のマネジャーなのだ。武力ではなく歌だったら、、、その愛を伝える力が【ランカ】にはあると・・・。一方【シェリル】も精力的にリハーサルをしていたが、、、そこに【グレイス・オコナー】のインプラントが・・・マクロス。ギャラクシーの危機を・・・。  美星学園。【アルト】が【シェリル】の片方のイヤリングを見ていた。そ...

マクロス FRONTIER 第06話 「バイバイ・シェリル」

マクロスF 第6話感想です。 良いシーンなのに何故かツンデレ合戦に見える;

Navigation100 バイバイ・シェリル マクロスF

#06 バイバイ・シェリル それぞれの想いを抱いてマクロス25が今旅発つ

マクロスF 第6話感想

ランカ歌手デビュー決定。オズマも渋々了承したみたいですね。 アルトがまた紙飛行機を作ってた。紙見つけるたびに作るのやめろww...

マクロス FRONTIER 第6話「バイバイ・シェリル」の感想

【あらすじ】   芸能プロダクションにスカウトされるランカ。しかし、ショッピング

『マクロスF』第6話「バイバイ・シェリル」感想  これまで「射手座☆午後九時Don't be late」のほうが好きだったけど、これで一気に「ダイアモンド クレバス」も神曲に。

うわーっ。エンディング曲「ダイヤモンド・クレバス」で鳥肌立った!! (゚ロ゚屮)...

マクロス FRONTIER 第6話 「バイバイ・シェリル」 感想

マクロスFRONTIER マクロスF 第6話の感想と1コマ絵ですよ シェリルさん好きが急上昇中。いつかカラーで描きたいどすな〜 ...

マクロスF 第06話 感想

 マクロスF(フロンティア)  第06話 『バイバイ・シェリル』  男女と女男の意地の戦い!!  意志の強い人間は好きですよ。  −キ...

マクロスクォーター! ~ マクロスF 第6話

いきなりオリコン3位にランクインした、ダイヤモンド・クレバス/射手座☆午後九時 Don't be lateのCDはすでに購入済みですヨ!(笑)。マクロスFRONTIER第6話「バイバイ・シェリル」です

マクロス FRONTIER 第6話 「バイバイ・シェリル」

めざせ!銀河の歌姫!

マクロスFRONTIER 第6話「バイバイ・シェリル」

ケンシロウみたいに厳つい顔のオズマ兄さん おあつらえ向きに、プロデューサーの方も 拳王偵察隊のシーカーみたいな顔しているし、 ...

マクロス FRONTIER 第6話 「バイバイ・シェリル」

マクロスのアバンはその歴史や世界設定をしてくれています。 今回も例外なく、スペースフォールドを説明していました。 こう言うことしないと25年のギャップは埋まらないかな〜 ま〜ギアスですら要所要所に前期の説明カット入れてるし、しょうがないのかな〜 そんなわけで、マクロスギャラクシーがバジュラ襲われた!!で終わって前回 とりあえずその辺無視して、前回ランカの歌を聴いた変なおっさん オズマも「妹さんをください!!」 て!何だランカの格好!反則だぞあれはしかもそのポーズ!! シェリルもラストライブに...

(感想)アニメ 『マクロスF』 第6話 「バイバイ・シェリル」

先にラジオ「マクロス ファミリープラン」のどうしても気になったことから{/usagi/} 先日、「あまつき やみつき ラジオ(キ)」を聞いていたときに、「関西の人は『プラスチック』を『プラッチック』って言う{/face_en/}」 という話題が出ていて、私は関西以外に住んだ経験がないため、結構初耳で驚いていたのですが、 今回中村くんが吹奏楽のお話をしている時、「プラッチック」って言っているのを聞いて、 香川のほうでも「プラッチック」って言うんだな〜とラジオの内容に全く関係ないこととか考えてました{/hi...

マクロスF(フロンティア) 第6話「バイバイ・シェリル」

「他の人には内緒よ。  それね、私のお守り。  母の形見なの……  それ以外顔も知らないけどね」 今回のアバンではフォールド航行とフォールド断層について解説。 毎回初心者ユーザーでも世界観が判るように、その回の中心となる事柄につい

マクロスF -フロンティア- 第6話 『バイバイ・シェリル』

「借りとくぜ、おまえの幸運!」 やっぱりシェリル×アルトイイ(*´д`*)ハァハァ というかシェリルが好きすぎる自分に驚いたw そして、自覚す...

マクロスFRONTIER第6話「バイバイ・シェリル」

 ミスマクロスフロンティア出場が、オズマにばれたランカ。学校から停学処分を受け、歌手に なりたいという夢も否定され、結局自分の主張が認められず、家を飛び出してしまった。一方 学校に登校したアルトを待ち受けていたのは、自分が愛用しているイヤリングを探していた

マクロス FRONTIER 第6話 「バイバイ・シェリル」

壊滅状態。 <<Dream of hetare the world 跡地 Dream of hetare the world マクロス レビュー 画像>>

マクロスFRONTIER第6話「バイバイ・シェリル」

第6話あらすじ 芸能プロダクションにスカウトされるランカ。 しかし、ショッピングモールで見かけたアルトとシェリルのことが気になってい...

マクロスFRONTIER 第06話 「バイバイ・シェリル」

番組の途中ですが大統領の緊急声明を発表します。 ……私達はCB、戦争根絶のため武力による介入を開始します。 フロンティア...

マクロスFRONTIER 第06話 「バイバイ・シェリル」

公式よりあらすじ。 芸能プロダクションにスカウトされるランカ。 しかし、ショッピングモールで見かけたアルトとシェリルのことが気にな...

マクロスフロンティア 第6話「バイバイ・シェリル」

マクロスF(フロンティア) 1(2008/07/25)中村悠一、遠藤 綾 他商品詳細を見る先週の話によって、一気にシェリル派が増えましたね!

マクロス FRONTIER  6話 「バイバイ・シェリル」感想改訂版

マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc) ギャラクシー船団への大規模なヴァジュラによる襲撃により、いよいよ事態は緊迫。大統領府もついにヴァジュラ、並びに未知の敵対勢力の存在を隠し通せなくなり、公表。緊急事態宣言発令。 それに伴いアルトらSMSも、特別契約条...

マクロスFRONTIER 第06話 「バイバイ・シェリル」 感想

マクロスFRONTIER 第06話 「バイバイ・シェリル」の感想です。 ランカを気に入ったプロデューサーが兄の下にお願いに行く。 ランカの夢は...

マクロスF 第06話 「バイバイ・シェリル」

マクロスF 第06話 「バイバイ・シェリル」 ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時Don't be late が発売ということもあってか、今回の第06...

マクロスFRONTIER 第06話 「バイバイ・シェリル」

マクロス FRONTIER   お勧め度:是非見たほうがいい   [マクロスシリーズ最新作]   MBS : 04/03 25:25〜    中国放送 : 04/05 26:40〜   CBC : 04/03 26:25〜    熊本放送 : 04/06 25:50〜   TBS : 04/04 25:55〜    北海道放送 : 04/07 26:25....

マクロスFRONTIER 第6話「バイバイ・シェリル」感想

芸能プロダクションにスカウトされるランカ。 しかし、ショッピングモールで見かけたアルトとシェリルのことが気になっていた。 シェリルが...

マクロスF 第6話「バイバイ・シェリル」

マクロスFの第6話を見ました。マクロスF(フロンティア)」OPテーマ「トライアングラー」第6話 バイバイ・シェリル弱小芸能プロダクションにスカウトされたランカ。オズマからも許可を貰い、仲間に祝福される中、ショッピングモールでの出来事が気になり、アルトに問いかけ...

マクロスFRONTIER 6話

ランカはやっぱりスカウトされたわけですが、 オズマの反対をまた押し切ってくのかと思ってただけにオズマの姿勢には吹いたww そのまま兄だ...

マクロス FRONTIER 第6話『バイバイ・シェリル』

■マクロスF 『貸してるだけだからね、必ず返しに来るのよ・・・いいわね、アルト!』 芸能プロダクションからスカウトされ、歌手へ...

マクロス FRONTIER 第6話 「バイバイ・シェリル」

【あらすじ】 芸能プロダクションにスカウトされるランカ。 しかし、ショッピングモールで見かけたアルトとシェリルのことが気になっ...

マクロスF 第6話 「バイバイ・シェリル」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  スペースフォード  人類の銀河進出を可能にした夢の超空間航行   だが、この夢の航行も決して万能ではなかった  コールド断層と呼ばれる障害の存在や   距離に伴う気化級数的なエネルギー消費が大きな壁として立ちはだかったのだ   それが人類の・・・・   いやプロトカルチャーに由来する文明の限界だった  ギャラクシー船団がバジャラの大軍に襲われたという報告が入った。  この危機にアルト達、S.M.Sは出動する事になるのだが・・・・・

マクロスFRONTIER 第6話『バイバイ・シェリル』

【マクロスFRONTIER・公式サイト】 マクロスFRONTIER・第6話『バイバイ・シェリル』のレビューです☆ ランカとシェリル、それぞれに違った動き...

マクロスFRONTIER〜第6話・バイバイ・シェリル

ランカは芸能界にスカウトされたようです。「私に妹さんをください」と土下座されたオズマは意外にも芸能界入りを認めます。 学校ではランカのファンクラブまで設立されますが、ミハエルたちも入会します。(以下に続きます)

マクロスF 第6話「バイバイ・シェリル」

シェリルさよなら~ だけと思ったら大間違い、大きく話が動いた6話でした。 アバンで前回のスカウトのおっちゃんが登場したのにはびっくり。 ちゃんとしたプロダクションだと信じたい。 オズマが意外にもランカが歌手になることを承諾。 「妹をよろしくお願いします」には

マクロスF -フロンティア-

マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc)(2008/07/25)中村悠一、遠藤 綾 他商品詳細を見る 第6話 「バイバイ・シェリル」  芸能プロダクションの...

アニメ「マクロスF(フロンティア)」 第6話 バイバイ・シェリル

言ったろ?俺はパイロットなんだ。 やべー、涙腺がやべー。 「マクロスF(フロンティア)」第6話のあらすじと感想です。 (あらすじ) 芸...

マクロスFRONTIER 第6話「バイバイ・シェリル」

「バイバイ・シェリル」とういサブタイトルなので、ツアーも終わりシェリルがギャラクシーへ帰るまでの別れのエピソードかと思ったら、少し意味合いが違ったかな。 バジュラがシェリルの故郷ギャラクシーを襲撃する事態に、アルト達がバジュラの撃退へと向かう。どちらか....

マクロス FRONTIER #06『バイバイ・シェリル』

芸能プロダクションにスカウトされるランカ。 オズマは反対すると思ったのに・・・・

マクロスFRONTIER 第6話「バイバイ・シェリル」

マクロスFRONTIER 第6話「バイバイ・シェリル」 マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc)(2008/07/25)中村悠一、遠藤 綾 他商品詳細を見る マクロス...

マクロスF 第6話『バイバイ・シェリル』

マクロスフロンティア

「マクロスFRONTIER」第6話

#06「バイバイ・シェリル」芸能プロダクションにスカウトされるランカ。しかし、ショッピングモールで見かけたアルトとシェリルのことが気になっていた。シェリルがさよならライブのリハーサルを行っていた頃、ギャラクシー船団がバジュラに襲われたという一報が入り・・...

マクロスFRONTIER 第6話 「バイバイ・シェリル」

  妹さんを私に下さい!! マクロスFRONTIER 第6話 「バイバイ・シェリル」 の感想です。 マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc)(2008/07/25)...

マクロス FRONTIER 第6話 「バイバイ・シェリル」

貸してるだけだからね、必ず返しに来るのよ――! 芸能プロからスカウトが…デビューへの道を歩きだしたランカ。 シェリルのフロンティア...

(アニメ感想) マクロスFRONTIER 第6話 「バイバイ・シェリル」

マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc) 芸能プロダクションにスカウトされるランカ。しかし、ショッピングモールで見かけたアルトとシェリルのことが気になっていた。シェリルがさよならライブのリハーサルを行っていた頃、ギャラクシー船団がバジュラに襲われたとい....

マクロスF(フロンティア)第6話「バイバイ・シェリル」

「律儀なのね、意外と」「まぁな」ってちゃんとイアリングを見つけてシェリルの元へ届けにきたアルト。なんだかすっかり前回からアルトとシェリルのフラグ進行しまくりの模様です〜(>▽<)ランカはスカウトを受け、「妹さんを私にください!!」ってオズマに紹介するも...

マクロスFRONTIER 第06話 「バイバイ・シェリル」

もうKY!、でもアルトはサイコーです!! マクロスFRONTIER、第6話の感想です。 やべぇっスよ、この番組。 ここまでで面白くない or 退屈...

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

最新記事

(02/05)
(01/29)
(01/22)

最新コメント

(12/28)
(12/28)
(12/26)

最新トラックバック

つぶやき状況


アクセス解析

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]