忍者ブログ

Area of Heretical*

内容は主に男性声優関連アニラジ感想メインでヲタっぷり放出中。 このBlogはチラ裏なのでご注意を。 (携帯からの更新がメインなので、PCからは記事が見難い場合もあるかと思います)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DGS 第105話

 
「打ち合わせにドスケベ関西人あらわる!」

神谷・諏訪:ハハハハ

神谷:しゃーないやんか、みんなこうなるで。
小野:えげつないわ…。

リスナーからグラビアアイドルの写真集が送られてきて、それを見ていた時の様子らしいw

・OPトーク。
OPテーマ、ちゃんと変わりました。「My Dear Girl」と言う事で。

小野:いやー…ギンギンですな。
神谷:ギンギンですな。
小野:ロックですな。
神谷:ロックですな。

番組に合わせて変わって行くOPテーマの曲調w
昔はそう言えばインストだったなぁ。
着うたは配信されてますが、CDのリリースは6/17です。

神谷さん、ちゃんとレコーディング行ったんすね。

神谷:行かないと怒られるので。
小野:さすがにね。お仕事ですから。
神谷:スタジオに入ったら「あ!来てくれたんですね」って言われて。
神谷・小野:ハハハハハ!
小野:ほら!悪戯に不安にさせないの!

6/17発売のCDには、もてスタの模様ロシア民謡風にリミックスした物も収録。

・ふつスト。
Vol.6やコミックス1巻の感想がたくさん。

今回は何故か編集長もスタジオにw

小野:その煽り(文句)なんですか?
神谷:「加速する声優進化系メディアミックスがここに響き渡る!」
神谷・小野:ハハハハ!
小野:大仰になってる!ヤバイ、俺達の手を離れようとしてないかこれは?大丈夫か?
神谷:手に負えない感じになってきてる、大丈夫かー?

シルフは相変わらずアイタタタだなw

小野:この番組を聴いてですよ、憧れた少年がですよ、僕もパーソナリティになりたい!と、こう言う事が本当にDeams Come Trueする訳じゃないですか、おそらく。
神谷:…どう言う事?
諏訪:ハハハハ。
小野:最終的に、僕もパーソナリティになりたい、声優になりたいって言う人が出てくるかも知れないじゃないですか。僕らに憧れて。
神谷:僕らに憧れて?
小野:僕らに憧れた結果。
神谷:ああ…勘弁被りますけども。
小野:あれ?おかしいなー。
神谷:やめて?そんなの。

ショックでマイクから離れる神谷w
振る相手を間違ってるぞ小野。
神谷はこれ以上声優増えるな!系の声優だぞw


拍手[2回]

 
・アニメロ情報。
説明を省く小野。

神谷:いま一瞬たむたむが立ち上がったからね。
小野:ごめんなさい…。
神谷:「おい小野なに噛んでんだよ」みたいな感じで。
神谷・小野:ハハハハハ!

たむたむ抜かりないな!

・シルフ談話室。
猫に何かオススメのおもちゃありませんかと。

ルアー的なおもちゃで遊ぶにゃんこ先生。

小野:え、魚類なの?
神谷:NOT魚類、ニャニャーン。

マジ声で小野は何言ってんだw

そして最近猫を飼いはじめた諏訪。
アビシニアンのビビくん。
そこで今回は、諏訪プレゼンツ猫が遊ぶ意外なグッズカウントダウンをお届け。
実際にスタジオに呼ぶわけにはいかないので、小野さんを猫に見立てて猫の気持ちを体現して貰おう。


・第3位:ダンボール。

神谷:大体入っちゃうんだよね、で捨て猫プレイすんだよ。

するするw
そして箱に入ったものの、うっかりバランスを 崩して 転倒し、箱を 破壊する小野w

・第2位:高い所にある紐。

神谷:本能的にジャレついちゃうんだよね。

長身の内Pに紐を持ってもらい、中腰になってジャンプを繰り返す小野w

・第1位:ストッキング。

神谷:それで小野くんが遊んで。自由に遊んでいいよ、それで。もう猫とか忘れていいから。

ただの変態やがなw
と言うかなんと言う超視覚的ラジオw
ずっと小野のターン!

さて、何故諏訪の家にストッキングがあるのか。

神谷:構成諏訪は以下の手順で手に入れたそうです。
その1。猫見たさに部屋に女性が来ました。そんな事あるワケねーだろー。
その2。猫が爪を立ててストッキングが電線しました。なーんていいシチュエーションなんだー。
その3。女性がストッキングを脱ぎましたー。どこでだー。
4。猫まっしぐら!と言う手順らしいでーす。
小野:え、本当に?
諏訪:実話。
神谷:本当なの?
諏訪:…5はねーよ?
神谷:5、諏訪まっしぐら!じゃないの?
小野・諏訪:ハハハハ!
諏訪:5、帰宅。
神谷:あーそうですかー。
小野:やっぱそっかー。
神谷:と言う事にしときますけどね。

諏訪やるなーw

・Dear Voice。
神谷のターン。「アッハハ、おちゃめさんだな!」

・EDトーク。
色々あり、妙にテンションが上がっている二人。

神谷:そらテンション上がるで小野くん。

最後まで似非関西弁w


PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

最新記事

(02/05)
(01/29)
(01/22)

最新コメント

(12/28)
(12/28)
(12/26)

最新トラックバック

つぶやき状況


アクセス解析

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]