忍者ブログ

Area of Heretical*

内容は主に男性声優関連アニラジ感想メインでヲタっぷり放出中。 このBlogはチラ裏なのでご注意を。 (携帯からの更新がメインなので、PCからは記事が見難い場合もあるかと思います)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本史。

日本史嫌い、または苦手な人が回りに多いです。興味ないからーとか、歴史は暗記でしょ?とか言ってる人を見ると悲しくなるくらい、私は日本史スキーです。

特に「歴史は暗記」発言。これは学校が悪いとしか思えない。
「ここはテストに出るから覚えろ」と言われて、日本史を楽しめるとは思えない…。

1156年、保元の乱。
崇徳上皇と後白河天皇が対立した事によって起こった乱ですが、それぞれに付いた、ある兄弟が居た訳ですよ。
崇徳上皇には藤原頼長が、後白河天皇には藤原忠通が。この兄弟、かつては弟・頼長が兄・忠通の養子にまでなった間柄です。
何があったのか…その辺りの背景などを考えると、「歴史は暗記」だなどとは思えません。

日本史が本当に面白いのは「学校では習わない」部分にあります。
勝者によって改竄された歴史なんか面白いはずがないんですよね。それを学校で習うんですから、まぁ暗記と言われても仕方ないのかな、とも思いますが。

そんな話を、同じ日本史スキーの腐女子Sちゃんとしていた訳ですよ。
彼女はどうやら大河の風林火山を見ているらしく、Gackt演じる謙信にハァハァしているらしい。
謙信は未だに女説が強いので、お綺麗なGacktさんにはピッタリなんじゃないでしょうかね。

…見ようと思ってたのにまだ1回も見てないけどさ…。

拍手[1回]

上杉謙信と言えば、個人的には高坂弾正なんですよね…一般的には直江兼続ですが。
だから謙信は男であって欲しい。



男色ワッショイ。



結婚せず、子を残さなかったのはアレだ!
イズナ呪術。確か女犯禁止だったはずだから、自ら信じる宗教の為に…だと私は信じている。

高坂弾正は武田信玄から「浮気してごめんねッ」という手紙を貰った美しき智将です。

この時代、院政期~戦国期の武将は男色。
前田利家も信長の小姓上がりだし、武田信玄はいわずもがな。
足利尊氏と弟・直義もそうですし。
多分、源頼朝も後白河帝の相手をした可能性が高い。受領層である源氏の棟梁だった訳だし。
平重盛とその息子・資盛も後白河帝の愛人だったと言われている。
…つーか親子でかよ…orz



凄い暴れ馬だな後白河帝。



重盛で思い出しましたが、清盛の父も白河帝に体を差し出して平家興隆のきっかけを作った。
院政期における武家の台頭は男色に支えられていると言っても過言ではない、と。

豊臣秀吉ぐらいじゃないですか?女一筋だったのって。そのせいで逆に変態扱いされていたらしいけども。

中世において稚児、小姓は男色の対象、養子とは男同士の結婚の形なんだとか。

系図などでやたら「養子」の記述が多いのは、こう言う理由もあるんですねー。

まさに


「歴史は(男色により)夜作られる」


…上手い事言う人がいるものだw


どうでも良いですが「やおい」の起源は意外と古いんですよね。
「安寿と厨子王」がやおいらしい。


…あれ?

日本史の話をしていたはずなんですが…いつの間にか腐女子語りになっていた。ミステリー。

PR

Comment

すげ

  • シヴァ
  • 2007-02-09 19:19
  • edit
センセーありまとー。
前田利家の嫉妬深さがよく解りました。
後白河帝の壮絶さが骨身に染みました。
…俺、現代の庶民で本当に良かった。
まぁ前世がどうだかわからないけど、多分前世も庶民だな(*´д`)

そっか

  • まゆ
  • 2007-02-09 11:10
  • edit
西洋化の煽りって事は、やっぱり同性愛と混同されちゃってるんだなぁ。
まぁ現代人でも混同しちゃってる位だから仕方ないか。

平治の乱の原因…そんなの学校で習わなかったよね?(笑)
もう後白河帝は凄い…ちょっと好きになった(笑)

誤解で錯乱した伊達政宗に萌えた…OTL
武田信玄と言い、謝罪の文を出すとか意外すぎて可愛いよねー。

先生!

  • 月喰
  • 2007-02-09 00:53
  • edit
大変勉強になりました!
頼長兄さん、凄い。
男色を完全に武器にしておいでだ。
男とはかくあるべし!みたいな。(ちょっと嘘

「超サイコー!」に不覚にも吹いた。
現代風にしただけでこうも違うかw


>>平治の乱も後白河帝が原因

またお前かww
この人なんなのww
好きで好きで仕方ないのかよ!!!
平治の乱てあれでしょ?確か頼朝・義経兄弟のパパンが死んだ乱だよね?

…む、虚しい…OTL

>芝

  • 埜坂@管理人
  • 2007-02-09 00:25
  • edit
前田利家は凄いぜ~。
信長の寵童を嫉妬のあまり惨殺。
お陰で一時期、信長に捨てられた。
利家自身、長身の美形だったそうだから、嫉妬に狂った美形ってオソロシイw

徳川家康のお相手は井伊直政。
あまり男色を好まなかった家康の、唯一のお相手と言われている。
徳川家と言えば、男色に耽って春日局をハラハラさせた家光もいたな。

伊達政宗は作十郎。
作十郎の浮気疑惑に嫉妬して錯乱w
後に「疑ってゴメンよ…」と必死に謝る文を送る。
…誤解かよw

西郷隆盛は…と言うか、薩摩と土佐は男色最盛地帯らしいから、隆盛に限らずなんだけども。

男色の歴史は素晴らしいねぇ。
事件の陰に男色あり…。
平治の乱も後白河帝の行き過ぎた男色が原因の乱だし。
自分のパパンのお気に入りにまで手を出しているというから、奴はホンモノだw

ちょw

  • シヴァ
  • 2007-02-08 23:33
  • edit
タイトルに騙されマスタ…w

いやいや、そうか。
同性愛(ゲイ)と男色は微妙に違うのが解った。
男色は「女が全く駄目!男じゃないと駄目なんだ!」って訳じゃないのだね。
男色はバイありき、なのか。

そう言えば徳川家康も伊達政宗も西郷隆盛も男色だって話を聞いた事があるけど。
織田信長は森蘭丸が有名だったけど前田利家もそうだったのかッ。
…ちと意外(´・ω・`)

>夜刀くん

  • 埜坂@管理人
  • 2007-02-08 23:04
  • edit
頼長か…知りたいの?(何

藤原頼長。
幼時より「和漢の才に富む」とその学識の高さを評された。しかし彼は酷薄で他人に容赦のない性格でもあり、「腹黒くよろずにきわどき人」とも評され、悪左府とも呼ばれた。
出世に精を出し、17才で内大臣、30才で左大臣、死去時でも37才と随分若い。「今鏡」によるとなかなかの美形だった、とも。

そんな頼長は生粋の男色で、情事を綴った日記・台記などを多数残している。

この時代において男色は政治的駆け引きを多分に含んでいる訳で、頼長もことさらに、成り上がり者だと軽蔑するような相手と関係を結ぶ事も多かった。
何故なら、当時は帝・上皇・政摂関白・大臣、ほとんど全ての貴族がバイだった。しかもこれ以上ないくらいの私情を挟んだエコヒイキ人事がまかり通っていた時代である。
父親のお古、妻の兄弟、野郎による3Pなど茶飯事。

そんな頼長が残した台記で有名なのが、木曽義仲の父・源義賢との情事を綴ったもの。
漢文とか苦手なので現代風に訳すと、


「今日は義賢の家にお泊まり。彼には再三文を出して口説いていたが、今日に至るまで全く返しがなかった。しかし夕方、ついに彼と事を成せた。やったね!超サイコー!」


となる。
狙った獲物は逃がさない頼長カワユスw
更には「俺、強姦されちゃったよ…」とか綴った台記も残っている。
…ツワモノだわ…。

>まゆ姉

  • 埜坂@管理人
  • 2007-02-08 22:31
  • edit
男色がタブー視され始めたのは明治以降で、完璧にタブーとなったのは大正以降の西洋化の煽りを受けてだね。
実は意外と浅いのだよ。
と言うか、西洋における同性愛と男色は違うからなぁ。

なんとまあ

  • 月喰
  • 2007-02-08 20:29
  • edit
>>歴史は(男色により)夜作られる

吹いたw
これは名作とかけた良い名言ですなw

珍しく真面目な話かと思ったのに…さすがだ腐女子。
上杉謙信は女だと思いたい俺ガイル。

後白河天皇は素晴らしい男色家ですね。
平家も源氏も頂きましたかw

それに比べて秀吉のノーマルな事w
あ、当時は男色のが普通だったのか。
送られた美少年を突き返したんだっけ?

それより藤原頼長の詳細希望。
まゆさんのコメ見る限り、何か男色エピあるんだよね?
さすがにこの人は知らないわ俺。

いい!

  • まゆ
  • 2007-02-08 19:33
  • edit
頼長が出た辺りで腐女子語りになる気がしてた私は勝ち組(笑)

日本は古くから男色の盛んな国だからね。
男色はいけないものって思われる様になったのはいつからなのかな?鎖国解いてから?

と言うか後白河帝はハッスルしまくりじゃないか…何この人…めちゃスケベ爺(笑)

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

最新記事

(02/05)
(01/29)
(01/22)

最新コメント

(12/28)
(12/28)
(12/26)

最新トラックバック

つぶやき状況


アクセス解析

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]