忍者ブログ

Area of Heretical*

内容は主に男性声優関連アニラジ感想メインでヲタっぷり放出中。 このBlogはチラ裏なのでご注意を。 (携帯からの更新がメインなので、PCからは記事が見難い場合もあるかと思います)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

優殺 Side R #04

 
ゲストは角坂翔役の羽多野渉。

杉田:私、ソフィア・ロベリング役の杉田智和がですね…

みつめてナイトか。小西寛子ナツカシス。

杉田:本日のゲスト、東北新幹線です。
羽多野:……ピュンピューン!
杉田:早すぎだなぁ。
羽多野:(笑)…ピュン!
杉田:あぁ、東北新幹線どうも有難うございます。じゃあ改めてお呼びしましょう、本日のゲスト、徳川綱吉さんでーす。
羽多野:こんばんは、徳川綱吉です。
杉田:あぁ徳川公、これは。
羽多野:ええ、どうも。甘やかされて育ちました。
杉田:新しい生類憐れみの令をちょっと、追加して下さいよ。
羽多野:あ、そうですね、これからは犬だけでなくね、狸とかね狐とかね、そう言う動物もいっぱいいっぱい優しくして。
杉田:自分自身を優しくしてくれ。

杉田が無茶振りしたんですがw
ちょっと面白かった。

羽多野:OPのネタは半分以上わかんなかったです(笑)

ライトなオタクには優しくない杉田のネタ。

・羽多野渉への優しい質問。
最近涙腺緩みましたかと。

杉田:羽多野くんも泣きやすいよね。
羽多野:すぐ泣く。この間朝起きてすぐに見たニュース番組で、130何年続いた学校が廃校になるってニュースがあって、その一番最後の卒業生が3人だけなんですよ。卒業式に、島のおじいちゃんとかおばあちゃんが皆来るんですよ。皆そこの卒業生だから。強面の担任の先生が、泣きながら挨拶している言葉で、朝からブワー!って泣いちゃって。その日の仕事ボロボロだったって言うね。

素直な人ですね。
年寄りと子供と動物は鉄板ですな。

杉田:お前のキメ技はなんだ。泣き落とし?
羽多野:泣き落としで、じゃあ。
杉田:そうやって年上の人気をかっさらうんだから。結構聞くよ。「羽多野くん可愛いね」って。
羽多野:嘘だ(笑)
杉田:ただし男だけどな。
羽多野:(笑)…何このザ・ぬか喜び。
杉田:うそうそ。お前にそんなタイガー&フォースを与える気はないから大丈夫だよ。
羽多野:考えるまでが時間がかかるなコレ…。

ちょいちょい難しいネタ入れないで下さいw

拍手[3回]

 
杉田:僕と1個しか違わないとは思えないくらい、羽多野くんはしっかりしてるね。
羽多野:そんな事ないです。杉田さんに比べたら(笑)杉田さんは落ち着きすぎです。
杉田:何言ってんだよ。俺心の中いま凄いぞ。
羽多野・作家:ハハハハ!
杉田:オプションハンターに狙われてるビックバイパーみたいな気持ちなんだよ。「どうすんだよこんな狭いステージでよーお前」みたいなね。

またw
何、グラディウスか何かですか?

杉田:凄い美少女に作って貰いたい料理ってなんだ。二次元でいいからさ。
羽多野:二次元でいいですか?そうだなぁー
杉田:俺も二次元しかちょっと考えられないから。
羽多野:グラタンとかいいっすね。ちょっとグラタンってよくないですか?
杉田:ハハハハハ!お前、ナディアの敵が乗ってるあの…
羽多野:そうですそうです。
杉田:それじゃねっつの。バカッ。そんなネタを言ってる内は、僕らは報われないと思います。

同世代なのにネタが全然わかんねーw

・キャラpedia。
前回神谷がゲストに来た際に、水樹奈々からサイン入りのCDを貰ったのを羨ましがる2人。どうやったら貰えちゃうか。まずはお近づきになるために、

杉田:角坂翔は、水樹さんと歌番組で共演するんだよ。
羽多野:ハハハハ!水樹さんは水樹さんって名前で出るんですね?
杉田:本人役だ。

妄想乙w
羽多野のための設定じゃないかッ。

EDトーク。

杉田:そんな羽多野くんが大好き。

公開告白w
そう言うのはメールでやってて下さいw

次回のゲストも羽多野渉。

PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログ内検索

最新記事

(02/05)
(01/29)
(01/22)

最新コメント

(12/28)
(12/28)
(12/26)

最新トラックバック

つぶやき状況


アクセス解析

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]