忍者ブログ

Area of Heretical*

内容は主に男性声優関連アニラジ感想メインでヲタっぷり放出中。 このBlogはチラ裏なのでご注意を。 (携帯からの更新がメインなので、PCからは記事が見難い場合もあるかと思います)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

風の王国 嵐の夜(上)

 
風の王国初の上下巻となる新刊。
長い、長いよ先生!

(以下ネタバレ)






前回「金の鈴」の最後に、リジム死亡の報を受けた翠蘭。
今回は冒頭からいきなりガル視点で始まってちょっと驚いたり。

リジムの死は史実では避けようのない事実なので、実は生きていた、という流れはまずない様に思う。
もしそう言った展開にするならば、作者自身「基本の部分を私が作った創作ファンタジーではありませんので、最初から決めていた流れの通りに進めていきました」とは言わないでしょう。
あくまでも史実に沿った展開を、と言う事かと。
まぁ少女向けのライトノベルなので、史実無視して展開していくのもアリっちゃアリなんでしょうが、個人的にはこの作品は悲劇悲恋で良いんじゃないかと。

さて。
リジムの死を悼み、沈む翠蘭だが、状況がそれを許さない。
リジムの葬儀からひと月経った辺りから、問題が次々と押し寄せる。
王が亡き今、議会の最終的な決裁は女王に任せられるので、翠蘭は議会に出なくてはならなくなる。

そんな中、ロナアルワの妊娠が発覚。
あろう事かロナアルワはお腹の子の父親はリジムであると言い出す。
この辺りの伏線は金の鈴で引かれていたので、まぁこう言う展開になるだろうとは予想していた。

ロナアルワの発言を聞いたティサンは、ここぞとばかりにロナアルワを側室に召し上げさせようと躍起になる。

しかし何者かによる、ロナアルワへの嫌がらせが頻発し、ガルが城内で何者かに襲撃され、次いでディ・セルの家臣トルケックによるラセル襲撃、更には朱瓔まで狙われるなど、事件が立て続けに起きる。

極めつけは、城下四方から火の手が上がり、町が火事によって混乱に陥る。
更に追い討ちをかけるように、周辺の砦までも襲撃を受け、戦力が根こそぎ削がれてしまう。
遂には、城が抱える武官、そして謀反の疑いで投獄されていたティサンや宰相であるガルまでもが、混乱を収めるために城を開けるという異常事態に。

敵の真の狙いは何なのか。
これまでになく重い怒涛の展開。
物語は佳境です。
 

拍手[1回]

PR

彩雲国物語 隣の百合は白

 
彩雲国物語の新刊は短編集だった。
…もちろん茗才の
めの字もない 訳ですが。


以下ネタバレ。


・表紙・
ちょww秀麗に触ってるぞオジサンww


・恋愛指南争奪戦!
年末前にあんたらは全く何やってんだか、みたいな。
そんな事より櫂瑜様凄すぎるw
80過ぎて色気を醸し出す老人なんて、本当是非見てみたいw
羽林軍の両大将がお茶目すぎる件。
とばっちりを 受けた黎深、仮面を始めとする文官が不憫でならないw
…あ、黎深は別に良いや(ぁ


「お前の兄ちゃん、でーべそ」


の籤を引いてしまった武官に心より同情する。黎深にそんな事言ったが最後、死ぬまで追われるってw
その他、色々と酷すぎる両大将GJw


・お伽噺のはじまりは
茶州の奇病事件の際の貴陽のお話。
主に邵可のお話ですね。
邵可と先代黒狼、邵可と弟達、邵可と北斗、邵可と霄太師、邵可と玉環などなど、非常に面白かった。

しかし、うー様は一体何者なのだろう…。

霄太師をも黙らせる櫂瑜様に萌え。

やはり黎深は聡い子なのだなと。
邵可より確実に頭の出来は上かと。

たった一つ、真実にしたいお伽噺の為に。

…にしても子供玖狼が可愛すぎる件!


・地獄の沙汰も君次第
黎深と百合姫のお話し。
絳攸が何故にあんなに方向音痴になったのか…総ては百合姫のせいw
正直、やりすぎだ百合姫ww
タヌタヌの邸に爆笑w


拍手[7回]

彩雲国物語 白虹は天をめざす


彩雲国の新刊読みました。まず、表紙。



…手前の人、誰よ?



楸瑛だと気付くのに時間がかかったw
上の三人は左からタンタン・秀麗・珠翠。



Σ( ̄□ ̄;)タ、タンタン!?



…出世したなぁタンタン…(*´Д`)
こんなに早く表紙を飾る事になるとはw



↓こっからネタバレ↓



前巻の「青藍~」を読み終えて、邵可が藍州行けば良いんじゃね?なんて言いましたが、まさか本当に行くとは…。
しかも霄太師から「黒狼」として同行しろと言われた後に、劉輝から直々にお願いされるとかもう…。

と言うかみんなそろそろ気付けよw

まぁ邵可が居ても三つ子は冷徹なまでに私情を挟まない訳ですが、それでも三つ子が邵可にメロメロなのは理解したw
もう邵可どんだけぇ~?って感じだw

何故、邵可は黎深の兄なのかとむくれる三つ子カワユスwそんなに黎深が嫌いかw

そして今回また複数の伏線が張られました。


拍手[0回]

彩雲国物語 青嵐にゆれる月草

 
やっと現行に追い付いたわ…にしても、



タンタン最高。




と言うことしか出来ん。
タンタン可愛いよタンタン(*´Д`)

静蘭の本当の本音を引き出しやがったw
なかなか侮れない補佐だなぁ。
桃の人も何処まで本気なんだか…。

青嵐~はあれですね。
ようやく楸瑛が陽の目を見たと言うか。
今までの楸瑛は、いわゆる「よくあるキャラ設定」なだけで、大した出番がない気がしていた。
主上付きと言っても、同じ主上付きの絳攸と比べると、どうにも出番が淋しかったと言うか。
…まぁ上司のキャラ立ちが違いすぎるのも問題かもしれませんが。
絳攸の場合は、上司が出てくると必ずとばっちり出演の機会も増えるしw
…黎深様は本当に自由だからなぁ…。
かの父仮面の際にはありえないくらい笑った。…何やってんだ紅家当主と本気で呟いてしまったw

今回一番驚いたのが、邵可が珠翠を迅に預けた事でしょうか…何かちょっと予想外でした。この伏線はどんな形で回収するんですかね作者さん。

燕青と再会した秀麗の様子を見る限り、やはり燕青が彩雲国で一番まともなキャラなんだと再認識w
もう、女としては燕青と結婚すれば幸せになれる筈。他の男キャラはどれもこれも疲れるw


拍手[0回]

彩雲国物語。


十二国記の新刊がパタリと出なくなって幾星霜…何かこう…長編物を読んで気を紛らわしたい気分な時に、NHKで彩雲国のアニメを見た。
今まで衛星だったので見れなかったものが、地上に降りてきてたのですね。

で、ふと気付きました。
あれ?私この小説持ってなかったか、と。
本棚を見てみたら、確かにありました。1巻だけが。

…買うだけ買って読んでない小説が、部屋にたくさんあったりします。彩雲国はその1冊でした。

以前知人に、十二国記っぽいから行けると思うよ、と言われて買ったは良いですが、絵がね…なんかアレだったので放置してましたよ。はははのは。

とりあえず買い揃えて現行に追い付きましたが、知人に一言物申したい。

まず、全然十二国記っぽくねー。多分その知人にとっては、三省六部のにほいがあればとりあえず「十二国記っぽい」となるのであろう事は解ったw

あと共通項は「中国風」といった位か?
いや…別に私、中国風の作品が好きな訳ではないのだが…。

しかし、これぞ女性向けラノベと言った感じで、読みやすい事は読みやすい。
1時間あれば1冊読めちゃいますね。

とりあえず十二国記は置いておこう。
多分そもそものジャンルが違うから。

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

最新記事

(02/05)
(01/29)
(01/22)

最新コメント

(12/28)
(12/28)
(12/26)

最新トラックバック

つぶやき状況


アクセス解析

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]