忍者ブログ

Area of Heretical*

内容は主に男性声優関連アニラジ感想メインでヲタっぷり放出中。 このBlogはチラ裏なのでご注意を。 (携帯からの更新がメインなので、PCからは記事が見難い場合もあるかと思います)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マクロスF○♪△ 第94回

 
「マクロス服、返して欲しい?」

上手いな愛ちゃんw

・OPトーク。

神谷:そりゃ返して欲しいですよぉ…。
中村:今週も全裸でお届けしてるよ☆
中島:…ウソでーす。
神谷:犯人は愛ちゃんかー…。

先週服を盗んだ犯人が、今週名乗り出た訳ですがw


・よっ☆中村屋!2枚目。

神谷:「この間新宿で、中村さんがお風呂セットを持ってマンホールに入って行く所を見ました。何をしに行く所だったんですか?」
中村:あーあれはね、間違えた。
神谷:あ、間違えちゃった。
中村:うん、お風呂場だと思っちゃったね。
作家:ハハハハ。
中島:うそー…そんなぁ(笑)
神谷:開いてたの?
中村:開いてたマンホールって、みんな見ないじゃんあんま。
神谷:「やってる?」っつって入って行ったんだ。
中村:そうそう。「やってるのかな?」ってこう…覗き込んだら、工事のおじさんが「やってるよ!」って言うから、俺は何故か工事をやってるって意味だと思わないじゃない。お風呂だって言う先入観があるから。
神谷:中村くんの中ではね。お風呂に行くんだもんね。
中村:おじさんが「やってるよ」って言うから、「じゃあ失礼しますよ」っつって。
神谷:それ、マンホールに入る時にはもう既に裸だったのかな?
中村:うん。だってお風呂入るんだもん。
神谷:そうだよね。
中村:こっちはタオル1枚だよ。
作家:ハハハハ!
神谷:…新宿通りでね。
中村:新宿通りと、明治通りを行ったり来たりしてた。
神谷:…もっそい人通りある所だよね。
中村:「この辺にあるって聞いたんだけどもねー」みたいな感じで。それが真相。

通報されるレベルw

中島:「中村さんは先日、富士山の頂上で行われた、"日本山びこ選手権"で優勝されたそうですね。何でも地球の裏側まで届く様な素晴らしい台詞を言ったとか」
神谷:やっぱりこの番組のさ、タイトルなんかでも良くいい声出してるじゃない。あれが発声練習になってんでしょ、やっぱ。
中村:普段からやっぱ鍛えてるから。こう言う時にプロと素人の違いを見してやると言わんばかりの勢いで僕は、「お前たちは俺の翼だ」って、ここで言ってきました。
作家:ハハハハ。
神谷:あ、ちゃんとマクロスの宣伝を!
中村:富士山頂で。その後みんなにボコボコにされたけど。
神谷:あーボコボコにされちゃった。
中村:あんなにね、周りにマクロス見てる人が居ると思わなかった。

拍手[1回]

 
神谷:あー「お前ふざけんな」と。
中村:ボッコボコになって、裸で山を下りて、さっきに繋がるの。
神谷:あーなるほど、そう言う事ですか。
中村:寒かったからさぁ。山頂で裸になると思わないじゃない。
神谷:そりゃそうだわー。
中村:あったまる場所って、携帯で調べたら、
神谷:新宿だと。
中村:新宿3丁目付近にあるよ、って。
神谷:さすがだ中村くん!

さすがです中村さんw

神谷:「中村さんは先日、都内のカナブン達と平和的解決により和解が成立したそうですね」
中村:都内のね、赤坂プリなんとかって言うホテルでやったんだけど、会合をね。まぁ…1対2000だったんだけどさ。
神谷:2000でも大したもんじゃねーと思うけどな(笑)
中村:2000は地域代表で来ただけだから、本当はもっと居るよ。
神谷:カナブン達は、もう…お前の部屋を冬眠の場所に使いたいって言ってきた訳じゃん。
中村:まぁ、そうだね。「どうやって俺らは年越せばいいんだ」と。
神谷:お前んちを使わせろ、使わせないって話でしょ?
中村:別なとこにして、って言う話にして、「神谷くんち」って言う。
神谷:うちなの!?
中村:カナブンが2000までは確実に来るから。
神谷:うわぁ、おい!中村屋!

2000匹のカナブンきめぇw


・ふつおた。

中島:「かつて様々な変なスーパーパーツを製作して、業界内でも有数の地位を築いていた神谷製作所ですが、昨今の全銀河規模の不況には勝てず、惜しくも倒産してしまってからもう数ヶ月が経ちました」
中村:(笑)倒産したんだ。
神谷:(笑)そうですか。
中島:「劇場版を鑑賞してきた私から、社長にご報告があります。映画のライブシーンでシェリルが使っていた小道具、ピンクのピストル。銃口がハート型、発射する弾もハート型、そうです!これはラジオ第58回で神谷製作所が提案した物ではありませんか」
中村:社長、やられましたね。
神谷:ほー。そうなんだね。
中村:社長、これは小さい会社だと思ってやられてます。
作家:ハハハハ。

いやいや、そもそも劇場版で何かの案が採用されるために立ち上がったコーナーだろw
そして幾許かのリターンを要求する社長、倒産しても強いw


・今週の河森監督。

神谷:「完結編でよりリアルな生活感表現のため、海外取材を敢行」

海外=インド=帰郷の方程式w

次回のゲストはレオン杉田です。



PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

最新記事

(02/05)
(01/29)
(01/22)

最新コメント

(12/28)
(12/28)
(12/26)

最新トラックバック

つぶやき状況


アクセス解析

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]