忍者ブログ

Area of Heretical*

内容は主に男性声優関連アニラジ感想メインでヲタっぷり放出中。 このBlogはチラ裏なのでご注意を。 (携帯からの更新がメインなので、PCからは記事が見難い場合もあるかと思います)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さよなら絶望放送 第182回

 
「猫のネタに釘を打て」

・耐力不足…耐える力のない人。
・披露困憊…自分が困っている事を必要以上にアピールしちゃう人。
・俯瞰症…俯瞰で物を見れば自分が偉くなったと勘違いしちゃう人。
・責任点火…言わなくても言い事を言って自分の足元に点火しちゃう人。

緑日うまい!
天罰の人はもっとdisってもいいぐらいだ。


・OPトーク。

神谷:「久しぶりに投稿してきたらこれかよ」と、構成Tが嘆いております。

・震災後の収録です。
神谷のトーク内容とBGMがもっそい違和感なんですが、そんな事言ったらこの番組自体の方向性がアレだったw
そもそも挨拶が「さようなら」だしw

落ち込んでいたがおっぱいマーチを口ずさむと元気になったと言うメールが、非常に絶望放送らしい!

( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

・CM。
早速こだまネタを送るぽぽぽぽーん931さんw


・神谷浩史のウィークミドル・シャッフル。
前回緊急特番でバッサリ切られたコーナーですがまるっと再開、これぞ絶望クオリティ。

日本語の勉強のために絶望放送を聞く韓国軍人パネェww

神谷:…聴かないで?
新谷:…(絶望放送を聴く人が軍に)たくさん居るって。

韓国軍はじまってた。

・ニジェール共和国のリスナーからのメール。

新谷:「絶望放送は腐女子の私が今の所、萌えの見あたらないこの国で、唯一日本を感じられ落ち着けるものになって居ます。砂とマンゴーとアルカイダしかない国からでは非力ですが、これからもコッソリお二人を応援しつつ、楽しませて貰います」
神谷:アハハハハ!…そうですかー…。

この人は何故、世界で一番貧しい国に行ったのだろうかw
ボランティアとかだろうけども。
アニメイトTVはマジで世界中どこでも聞けるんだな。

絶望放送で日本語勉強する外国人リスナー多すぎだろw
日本人にも通じない言語がたまにある番組だから、鵜呑みはいけないよw


・ドイツ人リスナーからのメール。

神谷:「絶望放送の公開録音があると聞き、日本の友人に申し込みをお願いしました。もし当たったら来日して行きますので宜しくお願い致します」…本気か?
新谷:ほーんとにー?
神谷:マットくんだって。

「マットさん居ますか」って言うドイツ語を覚えたい2人w素敵だな!

本当にグローバルな番組だった絶望放送w

・ぽぽぽぽーんはさのすけ的にはニョニョニョニョーン。



拍手[8回]

 
・ポジティブですねー。
ポジティブですよねと違って、紹介するだけなので楽ですw

新谷:「成人の日は日本で一番ノーブラの乙女が多い日なので、興奮してました!」
神谷:そうか!そう言えばそうだね。あと今時期、卒業式もあってそれもそうなんじゃねーのか?…今日そう言えば見かけたぞ。と言う事は彼女はそう言う状態な訳か…おいおい!これからは見る目変わっちゃうぞー!おいおい良子ちゃんもっそい呆れた顔してんなー。
新谷:ハハハハ!
神谷:びっくりするぐらい呆れてるな何か知らんけれども。

紹介するだけにして下さいw

・良子・不良子・普通の子。

神谷:「彼とクリスマスに食事をし、ワインの中に結婚指輪を入れる演出でプロポーズされた良子ちゃん。良い良子、指輪に気づき」
新谷:「素敵…ありがとう!一生の思い出だね」
神谷:「と、涙ぐむ。不良子、指輪に気付くも」
新谷:「な、何だよ!ワインまみれで指にはめにくいだろ」
神谷:「と、照れ隠し。普通の子」
新谷:「このワイン美味しいよねー!」
神谷:「と、ワインごと指輪を一飲みにし、破談」…残念だったね良子ちゃん。
新谷:(笑)ちょ、ちょっと待って…そんな心狭い人ヤだ!
神谷:アハハハ!さすがだね!真の良子は違うね。今のでバカウケになりました。

この後のプロポーズネタでも、結局普通の子は破談になるw
みんな普通の子が幸せになるのを認めないw


・EDトーク。
色々な事情から更新が不定期になっています。
次回の更新は4/1です。

公録、オシャレ上級者コンテストを予定しています。
コスプレ大歓迎ですが、公序良俗に触れない格好でお願いします、とw


・久藤くんのちゃんといい話。

良子ちゃん、神谷さんこんにちは。
初めて投稿させて頂きます。
実はある人達にお礼を言いたいんです。
妹を助けて貰いました。
妹は風邪で、母は風邪薬を買いに出てちょうど家に居なかったのです。
そしたら地震が起きて妹は軽いタンスの下敷きになり、もうすぐそこまで水が来ている所を助けて貰いました。
その事が本当に本当に感動して号泣してしまいました。
この番組のリスナーは自衛隊の方が多いので、電波を通してありがとうが言いたいです。
本当に助けてくれてありがとうございました。
拙い文章、ごめんなさい。



PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

最新記事

(02/05)
(01/29)
(01/22)

最新コメント

(12/28)
(12/28)
(12/26)

最新トラックバック

つぶやき状況


アクセス解析

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]